大事なお式に行けないときに、電報

ページ

行きたいと思っていても、どうしても行けないお式が開かれる場合、そのままお断りのメールだけ入れる、というのは味気ないです。こういう時には、電報の活用がお勧めです。電報は、電話会社サービスが主に行っているサービスで、雑誌に載っている定形文から好きな物を選んだり、文字制限がありますが、自分の気持ちを記入して出したりできます。電報の特徴は、お式が開かれる会場にそのまま届けてくれることです。つまり、自分の家からではなく、サービスとして行ってもらえるため、とても自由度が高いです。また、昔から使用されている方法で、伝統があります。そのため今でもよく使用されている公式の方法です。丁寧なお祝い方法としても重宝されていますし、形として残るため、お式を執り行った人が、記念としても取っておくことも可能です。もしも行けないお式があるなら、これを使ってお祝いするのも、一つの方法です。

結婚式にお祝いの電報を送るための流れ

結婚式にお祝いのメッセージを伝えるための祝電を利用したい場合には、具体的にどういった流れで手配を進めていけばいいのでしょうか。結婚式に電報を送る流れとしては、まず、披露宴会場の場所と日程の確認をすることから始めます。前日までに会場に到着するように手配する場合は、必ず、前日が会場の休日になっていて受け取り不可ではないかを確認しておくと良いでしょう。次に、お祝いのメッセージの文章を考えます。様々な例文が用意されているので、それらの例文集を参考にして文章を作成しましょう。文章がまとまったら電報の申し込みを行います。受取人のあて名については、新郎、新婦のどちらかだけでも構いませんし、連名でも構いません。両者に面識があるのであれば連名の方がいいでしょう。また、あて名は旧姓で送るというマナーにも注意しておきましょう。

結婚式の電報の文章を考える際に注意点

親戚や親しい友人の結婚式には、是非、出席して一緒に喜びを分かち合い、一言お祝いの言葉を伝えたいものですが、どうしても出席することが叶わない場合には、電報を利用することがおすすめです。電報を使えば、式場で前に出てスピーチをする時のような緊張感を味わうこともなく、自然な形でありのままの気持ちを伝えることができます。特にあらかじめメッセージの内容をじっくりと吟味して考えることができるのも魅力の一つです。ただ、気を付けなければいけないのが、言葉に関する規制です。いわゆる忌み言葉などの使ってはいけないとされている言葉の使用を避けるようにすることは、大切なマナーです。多くの出席者の耳に入ることになるため、出来る限りの配慮をしてメッセージを作成するようにしましょう。特に式直前になって考えようとすると、そういった失敗が多いため、祝電を打つと決めたら、早め早めに準備を整えて送る用意をすることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*