冠婚葬祭では電報を出す

ページ

冠婚葬祭では、直接その場に行って話せればいいのですが、どうしても外せない用事があったりすると電報を送ります。電報にはいろいろな種類があり、手紙だけでなく花やぬいぐるみもいっしょに送ることができます。特に、祝い事の時には、メッセージだけでなく、花も添えて送る人が大井です。以前だと、電話をして電報の文書を話したり、タウンページに書いてあるテンプレートを指定して送っていました。あまり親交のないや団体に贈るのであれば、テンプレートでも十分です。しかし、親交がある人に贈るのであれば、オリジナルメッセージのほうが喜ばれます。最近は、インターネットで注文ができるようになり、手軽に送れるようになりました。料金としては、ぬいぐるみ付きが3000円からで、花付きならば1000円からあります。それにプラスして文字数や紙の材質によって料金が異なります。

友人の結婚式に贈る電報のおすすめ

友人の結婚式にどうしても出席にできない場合には、代わりにお祝いの気持ちを込めた電報を送るのが良いでしょう。友人の結婚式に贈るものとしておすすめなのが式場のお祝いムードを盛り上げてくれるキャラクターの電報です。最近では、他の人のものとかぶらないように様々な種類があります。例えば、開けるとキャラクターが花束を持って飛び出してくるようなものや、ウエディングドレスをまとったキャラクターの写真立て、そして、定番のぬいぐるみ付きの祝電などです。ただし、キャラクターには好き嫌いがあったりするので、あらかじめ花嫁と花婿の好みをチェックしておくと失敗が少ないでしょう。また、キャラクターものがいやという場合は、色も鮮やかで感触もソフトなブリザードフラワーを贈るという選択肢もあります。これならぬいぐるみや写真立てと同じように自宅で飾ることも出来るので、喜んでもらいやすいはずです。

結婚式に電報を送る日程について

友達の結婚式などに電報を利用して祝福の気持ちを伝えるために祝電サービスを利用しようとする人は多くいますが、いつまでに届ければいいのかといった送るための日程についての疑問を持っている人も結構、多いのではないでしょうか。一般的には、電報を送付する日程の手配については、遅れることがないように余裕を持って、できるだけ早めに送るのが良いと言われています。具体的には、結婚式のために送るのであれば、結婚式場に式の前日までに着くように手配しておきましょう。式場によっては、休日を設けている会場もあるため、式の前日が休日で受け取られていないといったケースも考えられるので、当日に式場に連絡をいれて、到着しているかどうかを確認しておくと間違いないでしょう。もし、手配を忘れていてぎりぎりに申し込んでしまった場合でも、披露宴が始まる1~2時間くらい前までには到着するように手配しておけば大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*